調布 塾 個別塾【つつじヶ丘個別学習会】学習塾(進学塾・補習塾)

つつじヶ丘個別学習会

塾ニュース・受験結果など | 調布の塾【つつじヶ丘個別学習会 高校生教室】

調布市つつじヶ丘北口1分、高校生・浪人生(理系・文系全科対応)、国公立大学/私立大学受験・AO・推薦対策
出遅れた人を逆転合格に導くことが得意なプロの個別指導塾(大学受験・成績UP)。目指せ!逆転!!

■ 2017年度受験結果

■ 2016年度受験結果

■ 2015年度受験結果

■ 2014年度受験結果

■ 2013年度受験結果

■ 2012年度受験結果

■ 2011年度受験結果

■ 2010年度受験結果

■ 2009年度受験結果

■ 〜2008年度受験結果

■ 高校生教室開校・メッセージ集

■ 個別学習会の10年間を振り返って

■ 教育ニュース

■ Kobetsu gallery

2017年度受験結果

大学等進学先

※一人一校です。よくある延べ表記ではありません。

【一般入試】 合格おめでとう!
首都大学(都市教養:法) 都立豊多摩
立教大学(社会)     都立南平
青山学院(国際政治経済) 都立豊多摩
津田塾大学(国際関係)  都立調布北
法政大学(現代福祉)   桐朋女子
成蹊大学(法)      都立三鷹
成城大学(文芸)     都立調布南
成城大学(文芸)     NHK学園
明治学院大学(経営)   聖徳学園
日本大学(建築)     都立豊多摩
日本大学(海洋建築)   社会人
日本大学(文理)     都立調布北
日本大学(短期)     都立杉並
東洋大学(経営)     多摩大聖ヶ丘
東洋大学(経営イブニング)都立松原
専修大学(経済)     実践学園
武蔵野大学(教育)    都立調布南
東京農業大学(地域環境科)都立東久留米総合
神奈川大学(人間科学)  大成
東京都市大学(知識工)  都立豊多摩
東京都市大学(工)    多摩大聖ヶ丘
駒沢女子大学(人間健康) 八王子
帝京大学(医療技術)   都立府中
帝京大学(法)      明星
文化学園(ファッション社会)都立豊多摩
東京工科大学(応用生物) 大成
桜美林大学(健康福祉)  都立狛江
国士舘大学(まちづくり) 都立杉並
多摩大学(経営情報)   目黒学院
明星大学(情報)     大成
帝京平成大学(現代ライフ)都立府中
帝京平成大学(現代ライフ)都立杉並工業
国際航空専門学校     わせがく
【公募推薦】: 合格おめでとう!
武蔵野大学(教育)    都立狛江
【AO入試】: 合格おめでとう!
帝京大学(教育)     鹿島学園
杏林大学(総合政策)   都立芦花
帝京平成大学(ヒューマンケア)都立松原
ルーテル学院大学(心理) 科学技術学園
東京テクニカルカレッジ  都立松原
【指定校推薦】 合格おめでとう!
成蹊大学(文)      都立神代
明星大学(人文)     日本工業駒場
【内部進学】: おめでとう!
日本大学(芸術)     日大櫻丘
日本大学(経済)     日大櫻丘

2016年度受験結果

大学等進学先

※一人一校です。よくある延べ表記ではありません。

【一般入試】 合格おめでとう!
首都大学(経営)     都立八王子東
東京理科大学(応用化学) 都立三鷹
青山学院大学(経営)   都立杉並総合
明治大学(建築)     都立三鷹
明治大学(物理)     八王子
明治大学(経営)     多摩大聖ヶ丘
東京薬科大学(薬)    関東国際
日本大学(建築)     都立片倉
駒澤大学(社会)     大成
武蔵野大学(法)     都立豊多摩
東京経済大学(現代法)  都立日野
東京経済大学(現代法)  国士舘
亜細亜大学(経営)    杉並学院
亜細亜大学(経営)    大東学園
神奈川工科大学(創造工) 都立三鷹
白百合女子大学(文)   カリタス女子
東京医療学院(看護)   桐朋女子
明星大学(経済)     駒場学園
日本文化大学(法)    二階堂
大妻女子(社会情報)   佼成女子
【指定校推薦】 合格おめでとう!(高1からの継続した努力が実りました!)
首都大学(生命科学) 三鷹高校
成蹊(経営)     都立神代
昭和薬科(薬)    日大櫻丘
白梅(子ども)    都立神代
【公募推薦】: 合格おめでとう!(高1からの継続した努力が実りました!)
上智(経済)     昭和女子
関西外語(英)    佼成学園卒
東京農大(地域環境) 明星学園
杏林大(臨床検査)  日大鶴ヶ丘
鎌倉女子短(初等教育)杉並学院
【AO入試】: 合格おめでとう!
白百合(初等教育)
東京純心       都立若葉総合
【内部進学】: おめでとう!
旧日大統一テスト4名中4名
日本(生物資源)   日大鶴ヶ丘
日本(食品生命)   日大櫻丘
日本(理工)     日大櫻丘
日本(法)      日大櫻丘
文化学園(デザイン) 文大杉並
早稲田(社学)    早稲田実業

2015年度受験結果

大学等進学先

※一人一校です。よくある延べ表記ではありません。

【一般入試】 中央大学(法・法律)、獨協大学(ドイツ語)、明治大学(数理物理)
法政大学(経営)、法政大学(メディア社会)、立命館大学(政策科学)
成蹊大学(物質生命理工)、北里大学(海洋生命)
日本大学(海洋生物資源)、武蔵野美術大学(工芸工業デザイン)
成城大学(文化史)、国士館大学(現代ビジネス法)、駒澤大学(経済)
武蔵大学(英語英米文化)、フェリス女学院大学(英語英米文)
東洋大学(経営)、東洋大学(社会)、東洋大学(健康スポーツ)
亜細亜大学(経営)2名、跡見女子大学(観光デザイン)
桜美林大学(ビジネスマネジメント)、東海大学(通信ネットワーク)
東海大学(工)、東海大学、東京工科(工)
大阪電通(工)、松陰(看護)、日本大学(短期)
【推薦】: 帝京大学(経済・AO)、工学院大学(建築・公募)
玉川大学(機械情報システム・指定校)、国士舘大学(理工・指定校)
成城大学(社会イノベーション・指定校)、立正大学(経営・指定校)
【内部進学】: 日本大学(国際関係)、日本大学(文理)2名、日本大学(生物資源)
帝京大学(教育・初等教育)

2014年度受験結果

大学等進学先

※一人一校です。よくある延べ表記ではありません。

【一般入試】
国立大学首都大学東京(教養学部法学系)
電気通信大学(情報理工・夜間)
私立大学早稲田大学(文学部)、中央大学(法学部)、津田塾大学(英米文学)
獨協大学(文化交流)、法政大学(福祉コミュニティ)
東京女子大学(哲学)、東京農業大学(食料経済)
日本大学、東洋大学、帝京大学、武蔵野大学
駒澤大学、国士舘大学2名、明治学院大学2名
専修大学、玉川大学、目白大学、東京工科大学
帝京平成大学、南多摩看護専門
【推薦】: 早稲田大学(法学部・指定校)、上智大学(情報理工・指定校)
北里大学(医療衛生検査・公募)、国士舘大学(理工電子情報・指定校)
【内部進学】: 日本大学(商学部)、国士舘大学(スポーツ医学)、昭和女子大学

11年間連続、日大統一テスト全員合格!

2013年度受験結果

大学等進学先

※一人一校です。よくある延べ表記ではありません。

【一般入試】
文系: 青山学院大学(経済)、明治大学(経営)、法政大学(文)、
国学院大学(法)、帝京大学(教育)、日本大学(法)、
目白大学(人間)、東京経済大学、玉川大学
理系: 電気通信大学(情報理工)、防衛大学校(理工)、東京薬科大学(薬)、
帝京大学(薬)、杏林大学(看護)、東京農業大学(短期)、
明星大学(理工)、東洋大学(生命科学)
【推薦】: 帝京大学(社会)、専修大学(商)、武蔵大学(経済)、
東洋英和大学(国際社会)
【AO入試】: 明星大学(心理)、東京工芸大学(ゲーム)、国士舘大学(機械)
【内部進学】: 日本大学(経済)、日本大学(理工)、早稲田大学(政経)

10年間連続、日大統一テスト全員合格!

 高校生教室が移転開校して3期目の受験が終わりました。みんなお疲れ様でした。 これまでに100名を超える受験生たちが逆転合格を勝ち取り大学へ進学していきました。その余韻に浸っている暇もなく次の受験が始まろうとしています。来年受験を控えている高校2年生の中に「とうとう受験生だ!4月から気持ちを入れ替えて頑張ろう!」なんて考えている人はいませんか。それは危険です。4月から始めれば受験まで10ヶ月しか残されていません。実際には定期考査、文化祭、体育祭などの行事があることを考えれば受験勉強に使える時間は約8ヶ月。これで間に合いますか?志望校に逆転合格できるだけの基礎学力を備えていない人は今からスタートするしかありません。来年春に逆転合格を演じたいならば今の瞬間から受験勉強に取り掛かりましょう。
「何から始めたらいいの?」そんな人は当塾にTel連絡してください。

TEL:03−6680−6792 高校生教室長  室長 松永 邦雄

2012年度受験結果

大学等進学先

※一人一校です。よくある延べ表記ではありません。

【一般入試】
国立大学: 芸大(音楽)
準国立大学: 防衛大(理工)
私立大学: 青山学院(経営)、神田外語(国際コミュニケーション)
北里(理学療法)、 国士舘(法)、駒沢女子(国際文化)
創価(児童教育)、拓殖(工)、拓殖(政経)
多摩(経営情報)2名、帝京科学(看護)、東海(物理)
東京有明医療(看護)、東京工科(メディア)、東京都市(工)
東京薬科(薬)、東洋(社会)、目白(心理カウンセリング)

【指定校推薦】: 津田塾(英文)、日大(文理)、東京農大(短)
【公募推薦】: 東京農大、帝京(経済)
【AO入試】: 順天堂(スポーツ健康)、帝京平成(作業療法)
【内部進学】: 日大(商)2名、日大(文理)、東京農大
9年間連続、日大統一テスト全員合格!

今年は1名が浪人となってしまいました、痛恨です。来年の笑顔を期待しています。

2011年度受験結果

大学等進学先

※一人一校です。よくある延べ表記ではありません。
※(併)は予備校との掛け持ちです。

【内部進学】
国立音大、明星(教育)、明治(理工)、日本女子大
【AO入試】
日本文化大、嘉悦、東京工科
【推薦入試】
実践女子、武蔵野大、武蔵大、日大(情報)、埼玉医科(理学療法)
【一般入試】
■□■ 国立 ■□■
福島大学(共生システム理工)、電気通信大学(情報理工)、
東京工業大学(第4類)(併:駿台)
■□■ 私立 ■□■
早稲田(創造理工)、青山学院(法)、法政(スポーツ健康)、
昭和女子(初等教育)、昭和女子(人間社会)、白百合(英文)、
国士舘(21世紀アジア)、国学院(スポーツ科学)、亜細亜大(経済)、
東海大(工)、東京電機大、東京農大(短)、聖学院(政経)、
文化女子(服飾)、武蔵野美術大学、専修(英文)

生徒2名が残念ながら浪人となりました。来年は必ず頼むぞ!

2010年度受験結果

■ 大学受験逆転のストーリー

  • 都立狛江高校の生徒の場合・・・クラブ活動を終えた7月中旬に入塾。学力判定テストの結果、「英語・・中学の復習から」「現代文・・中学の説明文から」「漢字・・高校入試用から」「古文・・ゼロから」「世界史・・ゼロから」このような状態から受験勉強をスタートしました。夏休みは一日10時間以上の勉強を連日継続し飛躍的に学力が向上しました。その後、スランプもありましたがめげることなく復習に徹することによって脱出し、見事、実力で法政大学の社会政策に合格!
    まさに「逆転合格」の名にふさわしい結果です。
    しかも、狛江高校から一般受験で法政大学に合格したのは彼一人だけという後輩の証言がありました。他の法政合格者は指定校推薦やAO・公募推薦だそうです。
  • 埼玉の工業高校出身の生徒の場合・・・間違いなく埼玉県人にもかかわらず、なぜか当塾のホームページにたどりつき当塾に通うことを決意する。
    (いきさつは体験記を・・→合格体験記へ
    現役受験時、センターの数学(MTA・MUB)の得点は200点満点中10点台(本人の了解のもと公表しています)だったそうです。正直、理系なのに数学も物理もほぼゼロ、英語はマイナスといってもおかしくない状態からのスタートでした。彼の高校では就職をする生徒ばかりで大学に進学する人はほとんどいません。受験のための基礎学力ができてないのも無理からぬことです。浪人1年目は「東京電機大と工学院の夜間も受けてくれ」という私たちの忠告を聞かず、電通大しか受験しなくて2浪になってしまいました。本当にがっくりです。プライドだけは強くて困ってしまいます。2浪目は、ある程度基礎学力がついたので「自分で勉強する力はあるからしばらく自宅で勉強してなさい」と伝え自分の意思で受験勉強に向かわせようと判断しました。6月になって、気になったので電話すると、「悩んでばかりでまったく勉強に手がつかない」と情けない声が聞こえてきます。「この野郎、すぐに来い!」そこから2回目の指導に入りました。その後も彼には数えきれないドラマがありました。それでも何とかぎりぎりで間に合い電気通信大学(夜間)と芝浦工大(機械制御システム学科・・代ゼミ偏差値55)に合格してくれました。
    特に、芝浦工大への合格は彼の学力の証明です。あーよかった。
    きっと彼の高校では校長室に彼の写真が飾られていることでしょう??
    この結果も「大逆転」には違いないと思いますが、かなり疲れた逆転でした。

    それぞれの生徒にそれぞれのドラマがありました。残念ですが9月に受験勉強を始めた生徒と難関校を狙った生徒二名が浪人となりました。一人は予備校で、もう一人は私の塾でリベンジを誓って勉強に打ち込んでいます。

大学等進学先

3月21日、最後の受験生が進学を決めてくれました。
「東京外国語大学」後期入試合格です。やっと一息つくことができました。以下今年の受験の総括をいたします。

注:下記の学校はすべて進学先です(一般によくある合格校の延べ表記ではありません)


電通大AO(センターあり)以外は一般受験です。
国立:電通大(情報理工学部夜間AO)、東京外国語大学(後期)
私立:国学院(法)、産業能率大、昭和女子(生活科学)、拓殖大(機械システム)、

東京富士大学短期大学部、日本獣医(食品科学)、法政大(社会政策)

2009年度受験結果

■ 大学受験逆転のストーリー
(偏差値は代ゼミのものです)当塾の大学受験生は中堅都立私立の生徒ばかりです。今回は、通信制高校出身の受験生が二人見事に逆転合格を果たしています。

  • 半年間の受験勉強で医学部(聖マリアンナ大学)に合格。10月偏差値50.5。彼の友人や講師たち(東大生諸君など)は最初1年半かけての医学部受験と思っていたようです。しかし、私は半年で何とか間に合う可能性があると考えプランを立てました。でも、本当にぎりぎりの受験でした。この合格は、彼の努力や我々のサポートだけでなく、「一年でも早く医者になって一人でも多くの人の命を助けなければならない」という彼に課せられた運命の大きな力が後押ししてくれたのでしょう。これから彼の本当の勉強が始まります。患者さんのために頑張ってください。合格おめでとう。
  • 2007年12月後半入塾 中1から英語をやり直し偏差値39から 多摩美(芸)(英語+小論)偏差値52へ合格(「逆転って本当にあるんですね」「塾にきてこの子は人が変わったようになりました」とのお母様からの言葉に感慨ひとしおです)
  • 2008年7月中旬入塾 中3英語よりやり直し、日大(法)偏差値55に合格
  • 2008年4月再入塾 浪人 中学英語の復習から成城大(社会イノベーション)偏差値57に合格
  • 2008年7月再入塾 指定校推薦から一般受験に7月末変更 英語を中学の復習から帝京(史)偏差値51(英・国受験)に合格
  • 20年11月入塾 日大(文)53狙いが直前の志望校対策により明治(文)偏差値59に合格

大学等進学先

*AO入試

 桜美林(リベラルアーツ) 、帝京科学大 
*推薦(一般・指定校)
日大歯学部松戸 、麻布大(生命環境)東京工芸(工)、拓殖大(工)


国立の電通大しか受験しなかった生徒は、残念ながら来春のリベンジを誓って再スタートをきりました。(内部進学生は割愛いたしました。)

2008年度受験結果

大学等進学先

東京工科大(応用生物)、東京理科大(理工)、目白大(文)、東洋大(企業法)、
桐朋学園(ピアノ科)
帝京大(教育)、杏林看護専門学校、聖徳大(児童教育)、青山ケンネルカレッジ、
青山女子短(児童)

2007年度受験結果

大学等進学先

法政(現代ビジネス)、創価大(文)、目白大(経営)、桜美林(リベラルアーツ)、帝京大(経済)目白大(英)、成蹊大(法)、創価大(工)、駒沢女子短、明星大(経済)、目白大(英)、
*浪人

1名(ラガーマン ファイト!)

2006年度受験結果

大学等進学先

 武蔵工大・学習院・武蔵野美術大学・中央大学・大正大大妻女子・立正大学

高校生教室開校・メッセージ集

↓クリックすると拡大ページが開きます。
職員挨拶・卒業生からの言葉

個別学習会の10年間を振り返って

私の塾では、毎年3月、受験生の慰労会を行っています。まず、多摩動物園へ行き約4時間歩き周りへとへとになってから多摩センターへ移動し、しゃぶしゃぶの食べ放題にいきます。コアラ館の前で集合写真を撮るのがならわしで、教室にはたくさんの写真が飾られています。その中に講師や職員ではないのに3回も写っている人物がいます。
中3の10月、彼が塾に飛び込んできました。それまで全く受験勉強をしてなかったそうで、内申もボロボロですから推薦も取れません。ゼロからのしかも時間もほとんどない受験勉強です。それでも何とか私学へ合格してくれほっと一安心。これが一回目の写真です。

その年の9月また飛び込んできました。「どうしても合わないからやめちゃったよ。」「はっ?」「受験しなおすよ。」「はっ?」というわけでまた高校受験のやり直しです。今度はある程度基礎ができていたので彼が納得できる学校に行けるよう指導しました。内申がほとんど影響しない都立Y高に合格できました。二回目の動物園の写真です。

その学校は海城とか芝とか進学校の落ちこぼれ君が結構いる、基本的には賢い連中が集まっているところです。年齢層もまちまちでいろいろ苦労した連中も多く、学校の先生もそれを意識してか生徒に対し大人の対応をされるようで彼にとってぴったりの場所でした。高二の後半から再び塾に通い始め、高三の五月から本格的に大学受験勉強に移りました。数学・英語・物理の受験ですからどれも短期間でものになるような科目ではありません。浪人ではないので一日の勉強時間も限られています。理系ですから数学・物理ができなくては話になりません。結局、英語は試験日までに受験レベルにならないと判断し、数学・物理に集中することに決めました。合格得点が低い学校なら英語をカバーできます。逆にいえばかなりのレベルに数学・物理を高める必要があるわけです。ぎりぎりの決断でした。さらに、彼も「東京理科大しか受けない」と困った宣言をしてくれました。「理工なら通る可能性があります」とある講師が言いました。力強い言葉に聞こえました。「よっしゃわかった。やれ!」
・・・「塾長!俺受かっちゃったよ!理科大受かっちゃたよ!」「最初の高校の先生の所に報告に行ったら『理科大なんて名前この学校じゃ何年も聞いてないよ。』って言われました。」・・・
これが彼の三度目の動物園の写真となりました。

教育ニュース

教育の現状について

今、世界は戦後最大の変化の渦の中にいます。その中で最も翻弄されている国の代表が私たちの国、「日本」です。かつて3位であった一人当たりのGDPは、現在、先進国の中では最低の水準にまで落ち込んでしまいました。しかも「豊かさ」を示す1人当たりの購買力平価ベースでのGDPではアジアの新興地域が日本を急速に追い上げており国際通貨基金(IMF)の推計によると、2010年の日本の1人当たりGDPは約3万3500ドル、台湾は約3万3800ドル(約287万円)と、日本を上回ると予測されています。さらに、中国、インド、韓国の若者のアメリカ留学者数はウナギ登りにもかかわらず、日本人の留学者数は年々下降しています。この凋落の現実の中ではたして日本の子供たちに明るい未来はあるのでしょうか。
(塾ニュースの「子どもたちが危ない(進む二極化)」もご覧ください)
3年に一度行われる15歳を対象としたOECDの学力テストでは2009年の読解力の結果が15位から8位に復活したことをメデイアが盛んに報じていましたが、実態は下記の表(Wikipediaによる)を見れば一目瞭然です。


2009年調査(65の国と地域が参加。各分野の上位は以下である。(Wikipedia))

数学的リテラシー

読解力

科学的リテラシー

1.

上海

600

2.

シンガポール

562

3.

香港

555

4.

韓国

546

5.

台湾

543

6.

フィンランド

541

7.

リヒテンシュタイン

536

8.

スイス

534

9.

日本

529

10.

カナダ

527

1.

上海

556

2.

韓国

539

3.

フィンランド

536

4.

香港

533

5.

シンガポール

526

6.

カナダ

524

7.

ニュージーランド

521

8.

日本

520

9.

オーストリア

515

10.

オランダ

508

1.

上海

575

2.

フィンランド

554

3.

香港

549

4.

シンガポール

542

5.

日本

539

6.

韓国

538

7.

ニュージーランド

532

8.

カナダ

529

9.

エストニア

528

10.

オーストリア

527


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<2000〜2009年>
2000年調査(OECD加盟国28か国を含む32か国、約26万5,000人の生徒が参加。各分野の上位は以下である。)

数学的リテラシー

読解力

科学的リテラシー

1.

日本

557

2.

韓国

547

3.

ニュージーランド

537

4.

フィンランド

536

5.

オーストラリア

533

5.

カナダ

533

7.

スイス

529

8.

イギリス

529

9.

ベルギー

520

10.

フランス

517

1.

フィンランド

546

2.

カナダ

534

3.

ニュージーランド

529

4.

オーストラリア

528

5.

アイルランド

527

6.

韓国

525

7.

イギリス

523

8.

日本

522

9.

スウェーデン

516

10.

オーストリア

507

1.

韓国

552

2.

日本

550

3.

フィンランド

538

4.

イギリス

532

5.

カナダ

529

6.

ニュージーランド

528

6.

オーストラリア

528

8.

オーストリア

519

9.

アイルランド

513

10.

スウェーデン

512


2003年調査(OECD加盟国30か国を含む41の国と地域、27万5,000人の生徒が参加。各分野の上位は以下である。)

数学的リテラシー

読解力

科学的リテラシー

問題解決能力

1.

香港

550

2.

フィンランド

544

3.

韓国

542

4.

オランダ

538

5.

リヒテンシュタイン

536

6.

日本

534

7.

カナダ

532

8.

ベルギー

529

9.

マカオ

527

9.

スイス

527

1.

フィンランド

543

2.

韓国

534

3.

カナダ

528

4.

オーストラリア

525

4.

リヒテンシュタイン

525

6.

ニュージーランド

522

7.

アイルランド

515

8.

スウェーデン

514

9.

オランダ

513

10.

香港

510

1.

フィンランド

548

1.

日本

548

3.

香港

539

4.

韓国

538

5.

リヒテンシュタイン

525

5.

オーストラリア

525

7.

マカオ

525

8.

オランダ

524

9.

チェコ

523

10.

ニュージーランド

521

1.

韓国

550

2.

フィンランド

548

2.

香港

548

4.

日本

547

5.

ニュージーランド

533

6.

マカオ

532

7.

オーストラリア

530

8.

リヒテンシュタイン

529

8.

カナダ

529

10.

ベルギー

525


2006年調査(56の国と地域が参加。各分野の上位は以下である。)

数学的リテラシー

読解力

科学的リテラシー

1.

台湾

549

2.

フィンランド

548

3.

香港

547

3.

韓国

547

5.

オランダ

531

6.

スイス

530

7.

カナダ

527

8.

マカオ

525

8.

リヒテンシュタイン

525

10.

日本

523

1.

韓国

556

2.

フィンランド

547

3.

香港

536

4.

カナダ

527

5.

ニュージーランド

521

6.

アイルランド

517

7.

オーストラリア

513

8.

リヒテンシュタイン

510

9.

ポーランド

508

10.

スウェーデン

507

1.

フィンランド

563

2.

香港

542

3.

カナダ

534

4.

台湾

532

5.

エストニア

531

5.

日本

531

7.

ニュージーランド

530

8.

オーストラリア

527

9.

オランダ

525

10.

リヒテンシュタイン

522


2009年調査(65の国と地域が参加。各分野の上位は以下である。)

数学的リテラシー

読解力

科学的リテラシー

1.

上海

600

2.

シンガポール

562

3.

香港

555

4.

韓国

546

5.

台湾

543

6.

フィンランド

541

7.

リヒテンシュタイン

536

8.

スイス

534

9.

日本

529

10.

カナダ

527

1.

上海

556

2.

韓国

539

3.

フィンランド

536

4.

香港

533

5.

シンガポール

526

6.

カナダ

524

7.

ニュージーランド

521

8.

日本

520

9.

オーストリア

515

10.

オランダ

508

1.

上海

575

2.

フィンランド

554

3.

香港

549

4.

シンガポール

542

5.

日本

539

6.

韓国

538

7.

ニュージーランド

532

8.

カナダ

529

9.

エストニア

528

10.

オーストリア

527


日本はかつてエコノミックアニマルと批判されながらも同時に「教育大国」「勤勉な国民性」、それを背景とした「アメリカに次ぐ経済大国」という評価によって世界の国々から尊敬を受けていました。それが今、われわれの周辺のアジアの国々が学力のトップにひしめいています。我々がかつての教育と勤勉さによって戦後からの短時間で経済で世界の大国に登りつめたように、日本を取り囲む周辺の国々が私たちを置き去りにしていくのも時間の問題でしょう。今の日本人に「教育」「勤勉」という言葉に対する敬意は存在しているのでしょうか。真面目で実直であることを馬鹿にする風潮さえあったのではないでしょうか。この現実を踏まえたうえで、私たち大人は子供たちに対して何をすべきか考え抜かねばなりません。
今こそ「教育」に目を向けるべき時であります。
子供たち、そして若者をより強くたくましく育てる以外、今後一層厳しくなるであろう社会の中で彼らが『明るく充実した人生を送る』のは極めて困難なこととなるでしょう。「身体」、「頭脳」、「心」を育てるどっしりとした「教育」が要求されているのです。

そのことをまずわれわれ大人がしっかりと認識しなければなりません。
大人たちの「教育」に対する力強い確信があって初めて、子どもたちは「学ぶこと」「知ること」「考えること」の意味を実感できるのではないでしょうか。
まず「コツコツとした」地道な勉強を積み重ねていくこと。その「勤勉」さから子供たちの未来は輝き始ると我々は確信しています。

下記は4年前に書いた文章です。進行する社会の二層化が子供たちの学力の二極化にさらに拍車をかけています。そして子供たちが大人になるころ、「格差社会」が完全に日本に根づいてしまうのでしょうか?

子供達が危ない!!彼等の未来が危ない!!

今年2007年4月14日、新聞各紙に文科省が行った全国高校学力テストの結果について、かなりのスペースを割いて記事が掲載されていました。 テスト結果についての判断は各紙まちまちですが、その中に非常にわかりやすいグラフがありましたのでここにご紹介いたします。
2007年4月14日(読売新聞)
この記事は単に「勉強する生徒としない生徒に分かれてる」というだけの問題ではありません。「子供達の二極化」は近い将来彼らがとんでもない事態に落ちる危険性をはらんでいるのです。そして『二極化』といえばもうひとつの二極化が問題になっています。社会の格差の問題です。私は、教育の最前線で子供達の変化を実感してきました。そして一人の生活する者として『格差社会の進行』をやはり体感しています。近い将来「子供達の二極化」と格差の進行による「社会の二層化」が大きな部分で一致してしまうのは必然であろうと思われます。しかし、それを子供達は知りません。まったくというほど知りません。残念ながら、保護者の方々の中にもまだ深刻には受け止めていらっしゃらない方がいらっしゃるようにも見受けられるのです。今やるべきことをこつこつと実行できる人、その努力を継続できる人が、そうでない人より評価されるべきですし、結果的にやるべきことを継続してきた人にはそれにふさわしい能力や技術が身につきます。両者の社会的評価は分化されて当然です。
私は、勉強しない子供達がそのまま時間を経て大人になった時、どのような厳しい現実が待っているのか、子供達自身にいち早く気づいて欲しいのです。
私は、3年前からチラシの紙面を借りてそれを訴えてきました。10万部ずつ配布いたしましたが、ほとんど反応はありませんでした。チラシには美辞麗句を並べればよいのかもしれません。でもやはり心配なのです。
「子供達が危ない!!彼らの未来が危ない!!」

以下、3年前と昨年に出したチラシの文面をご紹介いたします。


◆3年前のチラシ


今、社会は、私達大人が経験してきたものとはかけ離れた、厳しい実力社会へと変わりつつあります。しかし、子供達の多くはますます「こつこつ勉強すること」から離れていっています。
「一億総中流化」といわれてきた経済的豊かさが、彼らから未来への活力とこつこつとした努力を継続する辛抱強さを奪っているように思えます。
実力社会は社会的な二層化を生じさせます。子供達の二分化が彼らの将来の二層化に直結する危険性を感じています。子供達に自分の力でこの社会を生き抜き・家庭を築き、持てる能力を発揮・表現し、希望ある充実した人生を送っていただきたい。彼等の指導に従事しながら心からそう祈っています。しかし、努力という言葉を忘れた多くの子供達にそれができるのでしょうか。フリーター417万人の現実は決して軽いものではありません。「人としての生き方」を見つけにくいこの社会で、子供達に本当の幸せを手にしてもらいたいのです。
そのために、私達大人が、「こつこつとした地道で、誠実な努力をすること」を最大限に評価する必要があるのではないでしょうか。
「楽なことばかりを求めてはいけない。」「便利に見えるものに依存してはいけない。」「“今を楽しむ”なんていうテレビコマーシャルに騙されてはいけない。」
 地道に、真剣に、こつこつと努力することこそ、子供達に希望に満ちた将来を約束してくれると確信いたします。
 私は塾生にたえず「こつこつ」の大切さを訴えていきます。
「今多少苦しいのはカンベンしてくれ、明日笑えばいいじやん」「さあ、こつこつやるぞ!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆昨年6月のチラシ

これまで日本は「一億総中流社会」といわれてきました。 しかしバブルの崩壊以降、急速に所得などの「格差」が広がりつつあります。
当塾では、二年前チラシの中で子供たちの二分化が進んでいることを訴えました。「1/3の勉強する子」と「2/3の勉強をしない子」に、フタコブラクダのように中間が抜け落ちて二つの層に分化している現象が日々進行しています。

塾という真剣勝負の教育現場で、16年間毎日のように、小学生から浪人生までの生徒たちと向き合っていれば、この現実を痛感せざるを得ないのです。そして、勉強をしない子の多くは、勉強の代わりになる技術に対する関心もまた夢もないのです。その結果、彼らが知らぬ間に大人になった時、図1の図式に、彼らが見事にはまり込み、気づいた時にはもうどうしようもなくなっているのではないでしょうか。
貧しくとも豊かである生活は存在します。しかしそこには、多くのことを家族とともに乗り越えてきた絆と知恵と、それがかもしだす明るさ前向きさが共存しています。勉強を避け、いやなことに目をつぶってきた人は、現実的な貧困だけでなく心の豊かさも育ちません。塾生には、いや、子供達全員、絶対にそうなって欲しくはないのです。
みんな、もっと勉強しましょう。まだまだ学ぶべきことはいっぱいあります。もっともっと知って欲しいことがたくさんあります。勉強は楽じゃない。私も大嫌いだった。でも乗り越えなくちゃいけない試練なのです。嫌なことを一つひとつ乗り越えて初めて、社会で生きていける力が身につくのです。
勉強のやり方は私が教えます。わからないことがあったらわかるまで教えます。いくらでも応援します。 だから、がんばりましょう。きっといいことがあります。必ずいいことがあります。だから、一緒にがんばりましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「子供達の二分化」と「社会の二層化」が密接につながっていることは私の杞憂ではないと確信しています。
私達40〜50代は「一億総中流化」の社会に育ち、それにどっぷり浸かって生きてきました。それは激動の時代時代のつかの間の谷間だったのでしょう。しかし、子供達には実力主義の厳しい時代が待ち受けています。まずそのことをわれわれ大人が自覚する必要があります。そして、子供達がこれから彼らに襲い掛かる荒波を乗り越える力を身につけるにためには、彼らをどのように育てるべきなのか、そのための教育とはどのようなものでなければならないのか、早急な結論が求められています。
子供達のよき未来のためにいったい何ができるのか、われわれ大人が試されているのです。

平成19年5月15日
つつじヶ丘個別学習会  塾長 杉原 誠

Kobetsu gallery

当塾のホームページは、多くの卒業生や講師の諸君の協力で出来上がっています。
特に、国田、大川両氏の労には本当に感謝をしております。また「ホムサク」の中山さんに大変上手にまとめていただきました。皆さんありがとうございます。
下記の絵は大川氏がホームページのために書いてくれたキャラクターです。なかなか面白いでしょ。

Jukuchou characters by Mr.Okawa

ホーム指導理念三つの特徴コース内容指導形態安心と防犯時間割・授業料地図・お問い合せ
合格実績合格体験記逆転のコツ国語対策コラム採用についてサイトマップ

調布市東つつじヶ丘1-2-21 ジェントリーつつじヶ丘201

© Copyright 2005 - Tsutsujigaoka kobetsu gakushukai All Rights Reserved