調布 塾 個別塾【つつじヶ丘個別学習会】学習塾(進学塾・補習塾)

つつじヶ丘個別学習会

早稲田大学受験・合格体験記 | 調布の塾【つつじヶ丘個別学習会 高校生教室】

調布市つつじヶ丘北口1分、高校生・浪人生(理系・文系全科対応)、国公立大学/私立大学受験・AO・推薦対策
出遅れた人を逆転合格に導くことが得意なプロの個別指導塾(大学受験・成績UP)。目指せ!逆転!!

 

早稲田大学(創造理工)合格! 池田君 成城高校

塾に通い始めたのは今から1年ほど前のことです。3年生になる前にそろそろ受験勉強を始めなければと思い、塾に入塾しました。その時の偏差値は3科で50をきっていました。毎日部活と勉強の繰り返しで決して楽な生活ではありませんでした。部活を引退し9月からはさらに自分を追い込むため毎日塾に通っていましたが、そんな時東京理科大学の指定校推薦の話があり、どうすれば良いのか迷いました。両親、塾の先生や友人にも相談した結果、一般受験でまだ上を目指すことを決意し指定校推薦は断りました。

しかし、受験勉強は甘いものではなく模擬試験では思うような成績がなかなかとれず心が折れそうなこともありました。それでも最後までやりきり、遂に受験ラッシュの日々を迎えようとしていた時、突然スランプに陥りました。解けていたはずの問題の解法がパッと浮かんできません。第2志望の学校も受かったり落ちたりで安定しません。「スランプの時は復習に徹せよ」というアドバイスをもらい、もう一度奮起してやってきたことの総復習をし、早稲田の試験日を迎えました。早稲田大学の受験日には「解けた」という手応えさえ感じました。しかし、合格発表までは不安でいっぱいでした。

そして迎えた合格発表の日。見事合格していました。なかなか信じられず家族で何度も見返しましたがやはり結果は合格でした。このとき初めて推薦をやめて頑張った甲斐があったと思えました。ここまで指導して頂いた松永先生、講師の先生方本当にありがとうございました。

早稲田大学(社会科学部)合格! 山口君 一浪・松蔭高校出身

解説: 成城教室の山口君は、英語偏差値45、国語偏差値41から浪人生活をスタートし、明治大学の政治経済学部が第一志望でした。英語はセンター試験196点、国語は代ゼミの模試で偏差値72.8まで伸び、目標の明治大学は当然合格。さらに、早稲田大学社会科学部に合格し、「明治払っちゃったんだけどどうしょう?」という名文句を残す大逆転を果たしました。

早稲田大学(人間科学部)合格!

詳細はこちら、つつじ最初の逆転ストーリーをご覧ください。

個別学習会から早稲田大学合格へ

早稲田大学と言えば2007年に学部学科の大幅な改編がありました。懐かしの泥臭い早稲田大学のニ文が文化構想という名に変わった瞬間に倍率が一気に上がり、また我々親父からは懐かしい早稲田大学の理工が、基幹理工 創造理工 先進理工というそれぞれに意思を感じさせる魅力的あるいは意欲的な学部に生まれ変わり、早稲田大学の改革の思いを見せつけられるようです。

当塾と早稲田大学とのかかわりは塾の1期生である短大の保育科を志望していた女子生徒が猛烈な勉強によって英語が飛躍的に伸び、志望校を早稲田大学に変え早稲田大学の人間科学部に合格してくれたことから始まります。彼女のことはトップページや「逆転のコツ」にも詳しく載せてありますのでここでは触れません。

早稲田大学と言えばやはり私大の雄、そういえば私も現役の時見事に理工に落とされたような記憶がうっすらと、でもしつこく残っています。

法政の現代ビジネスに進んだ塾生は早稲田大学の文学部の補欠になりましたが、繰り上げにはなりませんでした。東京外国語大学に合格した生徒も早稲田大学の文学部はけられてしまいました。そんな中、昨年の春、体験記でも取り上げている池田君がE判定から早稲田大学の創造理工−機械工学に見事に合格してくれました。本当にぎりぎりの見事な逆転劇でした。心の弱い人なら負けていたでしょう。最後まであきらめず自分を奮い立たせる姿は傍目でも立派に見えました。もちろん早稲田大学に合格してもおかしくはない学力は受験をしながらでもつけていましたから、決してまぐれということではありません。今は塾で講師をやっています。講師には東大の学生が多い中、ちゃんと塾生に分かりやすく教えています。

最近、薦められて稲盛和夫さんの本を読みました。そこに、
―――人生・仕事の結果=考え方(正しい考え方)×熱意×能力―――
という方程式がありました。池田君は塾の方針に従って、まだ完全に磨かれてはいない能力を最後まで磨き続ける熱意とそれを支える強い意志があったればこそ合格できたのです。「正しい考え方」=「正しい勉強法」、これは我々塾がご指導します。塾には「熱意」を用意してきてください。

今春もまた素晴らしい逆転劇が成城のちっぽけな教室でありました。中堅の高校出身で偏差値英語45・国語41しかなく、それでも第一志望を明治大学の政治経済として浪人生活を当塾で始めた塾生が、明治大学も合格したうえに、ほとんど志望校の対策をしていない早稲田大学の社会科学部にも合格したのです。彼は模範生のように塾の方針に従って淡々と勉強をこなしてくれました。単調な浪人生活を山ア教務の指示通り「単調さを習慣とする」ことによってストレスから解放されたのです。早稲田大学の発表を心待ちにしていた山ア教務の前に彼が深刻な顔をしてやってきました。

「明治のお金もう払っちゃたんだけど、どうしたらいいですか?」早稲田大学を第一志望にしている人には腹立たしい話ですね。彼はちゃんと早稲田大学に進学しました。ちなみに、成城教室では彼と同時に東京外国語大学の中でも難関のアラビア語と横浜国立大学の教育人間学部に合格している塾生たちがいます。

その他の合格体験記に戻る


指導理念コース内容指導形態安心と防犯時間割・授業料地図・お問い合せホーム

調布市東つつじヶ丘1-2-21 ジェントリーつつじヶ丘201

© Copyright 2005 - Tsutsujigaoka kobetsu gakushukai All Rights Reserved